「選手コースはどんなレッスンをするんだろう?」
「どんなお友達が通っているのかな?」

など、名取テニススクールのレッスン内容が気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは「そんなある日の練習風景、、」を一緒に覗いていきましょう!

当スクールの選手コースには、小中学生を含めてものジュニアが在籍しております。

平日の17時15分、、

レッスン開始の15分前になると学校の授業を終えて、子供達が続々と集まってきます。

早めに着いた人から公園内を走ったり、練習の準備(ネットを上げる)、サーブ練習など自分たちで考えてウォーミングアップを行います。

17時30分になるとお互いに「よろしくお願いします!」の挨拶からはじまり、練習がスタートになります。

その後、子供たち同士でのショートラリーを行います。

徐々に後ろに下がっていき、ストレートラリーからクロスラリーとお互いにしっかりと打ち合いながら、ボールを打った感触をつかんでいきます。

ここで意識をするべきことは、ただボールを打っているだけにならないことです!

本番の試合を意識して、

・相手がボールを打つたびに、スプリットステップをする
・簡単なミスをしないようにネットの高いところを通す

など常に目的を持って練習に取り組みます!

ここからは2つのグループに分かれて練習を行います。

本日のレッスンテーマは「ドロップショット」の技術習得です!

※ドロップショットとは?

登場人物A

ボールに逆回転を与えて、ネット近くに短く落とすショットの事です。
錦織圭選手もよく使ってます!

テニスコートは2面借りているので、

Aグループ
2対1のコースの打ち分け練習、、1人の方は2球クロスに打った後に3球目のボールをストレートに切り返す。2人の方は全てのボールをクロスに打ち、ミスをしないようにコントロールする。
Bグループ

球出し練習、、子供達のドロップショットの状態を確認するため、球出しによるドリル練習で他のショットも混ぜながらたくさんボールを打ちます。

少し休憩をはさんだ後、いよいよ「ドロップショット」の技術指導になります。

登場人物A

みんな、コーチの周りに集まって!

 

選手達

はい!

バーッと子供達が走ってきて、コーチの周りに集まってきます!

※必ず説明をする時は、子供達を近くに集めてから行います。

登場人物A

球出し練習の時に、みんなのドロップショットを見せてもらいました。

フォアハンドで打った時にミスが多かったので、今日はフォアのドロップショットの打ち方について細かく説明するね!

 

登場人物A

ドロップショットをうまく打つためのポイントは2つあります!

ドロップショットの2つのポイントについて

①足を決めてから打つ

ボールを打つ時は必ず自分からポジションを上げ、迎えに行くようにします。

また、この時に踏み込みと同時にラケットをスイングしてしまうと体重がボールに伝わってしまうため、ボールは飛んでしまいます。

自分からコートの中に入り、足を決めて最後にラケットを出すことによりボールの勢いを抑えることができます。

その結果、相手のコートのネット近くに短く落とすことができます。


②ラケットは速く振らない

ラケットはテイクバックからインパクトに向うにつれて、減速するように振ります。

また、この時にボールに対してラケットは急な角度で入っていきます。

ボールの時計の針で例えた時の4~5時位の位置を捉えるようにして打つと逆回転がかかり、キレイに「ストンッ」と落ちるドロップショットができるようになります。

 

※更に詳しく知りたい方は、レッスンに来てね♪

 

登場人物A

みんな分かったかな?

 

選手達

はい!

登場人物A

まずはみんなサービスラインに並んでんね!

ネットの近くからゆっくりボールを出します。

アドバイスしたことを意識して打ってみよう。

しっかりと説明をした後はネットの近くでボールを打ち、子供達に感覚をつかんでもらいます。

この時にうまくできないお友達には「先に足を決めてから!」と個別のアドバイスを行います。

また、できているお友達には「すごいね!上手にできたね♪」など、しっかりと褒めて自信が持てるように声掛けをします。

子供達一人ひとりに寄り添いながら、個々へのアドバイスを心がけレッスンを行ってまいります。

 

その後はベースラインに下がり、コーチがラケットでボールを出して実践に近い形で練習を行います。

子供達の出来を確認し、今度はお互いにラリーの中でドロップショットを試していきます。

この日のラリー練習では、

・ペアを組み片方の人が2、3回ラリーが続いた後ドロップショットを仕掛けます!(その後は勝負)

これを交互に繰り返しながら、ラリーの中で感覚を掴んでいきます。

では、いよいよみんなのお楽しみでもあるポイント練習に入りたいと思います。

ポイント練習では、今日のレッスンテーマでもあるドロップショットを使いながらお互いに勝負をしていきます。

どんな出来になるのか、とても楽しみです♪

メインテーマの練習の後は、チャンスボール、ボレー、スマッシュ、サーブなど球だしで一通りの練習を行います。

最後にサーブからのゲーム練習を行い、名取テニススクールの名物でもある「負けた人はコート清掃」と罰ゲームをかけて行います。

登場人物A

他のクラスでもかなり盛り上がります(笑)

ボール拾いやコート清掃など、後片付けをしてお互いに「ありがとうございました!」と気持ち良く挨拶を終えた後、この日のレッスンは無事に終了となります。

いかがでしたでしょうか?

名取テニススクールでは、毎回のレッスン毎にテーマを決めてレッスンを行っております。

この日のレッスンテーマは「フォアハンドのドロップショット」の習得でした。

今回のレッスンはこのような形での練習となりましたが、子供達の様子や天候の状態によっては大きく内容が変わることもあります。

この記事を通して少しでも名取テニススクールのレッスンに興味をお持ちになりましたら、ご連絡心よりお待ちしております。

それではコートでお会いしましょう。

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。